ホーム > 企業情報 > 2012年のニュースリリース > センサ制御ローパワーマイクロコントローラ「ML610Q792」

 

スマートフォン向け、センサ制御ローパワーマイクロコントローラ
「ML610Q792」

2012年2月22日

ラピスセミコンダクタがスマートフォンに搭載される各種センサ群を低消費電力で統合管理する超小型マイコンを量産開始

ロームグループの豊富なセンサ群と組み合わせてトータルソリューションを提供


ML610Q792パッケージ

ラピスセミコンダクタは、スマートフォン市場向けに各種センサを低消費電力で統合制御可能な世界最小クラスのローパワーマイコン「ML610Q792」を開発いたしました。昨今、携帯電話に占めるスマートフォンの比率は益々増加傾向にありますが、新しいアプリケーションやサービスの提供に向けたセンサ群の増設によりスマートフォンのバッテリ負荷が上がっています。
ラピスセミコンダクタではこうした状況に着目し、常時駆動したいセンサ群をホストプロセッサから切り離し、ローパワーマイコンで制御、ホストプロセッサの負荷を軽減することで、長バッテリ駆動時間を実現可能としました。また、本マイコンの特長である低消費電力性能を生かし、無線通信との組合せによってセンサネットワークモジュール等のアプリケーションへの適用も可能です。

「ML610Q792」はオリジナル高性能8bitRISC CPUコア(U8)と16bit乗除算用コプロセッサを搭載し、センサ群を接続するためのインタフェースと、メインチップセットと接続するためのインタフェースをそれぞれ用意すると共に、ラピスセミコンダクタのパッケージ技術である WL-CSP注1 を採用し、3.1mm × 3.0mmのパッケージサイズを実現しました。さらに、各種センサが搭載された開発ボード及び、お客様側で組み込みをされる際に必要な各種ドライバやロギング、歩数計、カロリー計算のサンプルソースコードを含めたソフトウェア開発キット(SDK)注2をご用意しています。

ロームグループでは、今後の成長戦略のひとつに「センサ関連事業」があります。 ローム はかねてより、近接センサ、照度センサ、ホールIC、温度センサ、タッチセンサ、CIGSイメージセンサ、UVセンサ、脈波センサなど、幅広い分野のセンサを開発しております。さらに加速度センサ、ジャイロセンサのメジャーベンダーであるカイオニクスがロームグループに加わったことにより、デバイス・メーカーの中ではトップクラスの豊富なセンサラインアップを誇るに至りました。
ラピスセミコンダクタでは、この豊富なセンサラインアップをローパワーマイコンに組み合わせて提供することで、お客様の便宜性を高めた、より付加価値の高いソリューションを提案してまいります。

【用語解説】

  • 注①:WL-CSP(Wafer Level Chip Size Package)
             ウェハ状態で一括してパッケージングを行う技術。チップと全く同じ外形寸法にまで
             LSIパッケージを小型化できる。
  • 注②:ソフトウェア開発キット(SDK:Software Development Kit)
             お客様がプログラムを開発するための開発ボード、サンプルプログラム、ドライバ、
             および各種ドキュメントなどの総称。
実装例スマートフォン 応用例センサネットワークモジュール

特長

【センサ制御用ローパワーマイコン「ML610Q792」の特長】

●スマートフォンに搭載される各種センサを統合制御
・センサのサンプルドライバ/ファームウェアを提供
・ホストプロセッサからセンサ群を切り離すことでシステム全体を低消費電力化
●ラピスセミコンダクタオリジナル 高性能8bitRISCコア搭載
●低消費電力
・Haltモード時、0.6µA以下の低消費電力を実現
●64KB Flash ROM 内蔵
・オンボード書き込みをサポート
●パッケージ
・48ピンWL-CSP(3.1mm x 3.0 mm)
●量産出荷時期
・2012年4月より量産出荷予定
●サンプル価格(参考)
・300円(税別)

【ソフトウェア開発キット(SDK)の特長】

●開発ボードには、各種推奨するセンサをあらかじめ搭載
●対応可能なセンサを今後も増やす計画
●各センサのドライバ/ファームウェアを提供、合わせてロギング・歩数計・活動量計、
状態検出(歩行、ランニング、乗り物を識別)のサンプルプログラムを提供
●開発ボード単体でプログラムを実行させることも可能
●さらに µEASE注3を経由して、プログラム開発支援システムに接続すれば、オンチップデバッグを実行可能
●AndroidTMドライバもサポート予定(計画中)
●出荷時期
・2012年4月より出荷開始
●参考価格
・70,000円(税別)

【用語解説】

  • 注③:µEASE(通称:マイクロイーズ)
             マイクロコントローラ内部のデバック機能を使用して、プログラムを実行、停止する機能を
             持ち、ソフトウェアのデバッグを行うことが出来るオンチップデバッグエミュレータの名称。

応用分野

  • スマートフォン
  • タブレット端末
  • センサネットワーク
  • 玩具(モーションセンサ制御)

お問い合わせ

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
   お問い合わせのページ

※各リリースの記載内容は発表日現在のものです。   その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

※本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。