環境方針

 

われわれは、つねに地球環境保全に配慮し、
人類の健康的な存続と企業の恒久的な繁栄に貢献するものとする。

  • 省エネルギーをすべての企業活動で創意工夫し徹底する。
  • 環境配慮型製品を開発し、製品のライフサイクルを通して環境負荷の最少化を追求する。
  • 材料・副資材の調達や製品の購入は、より環境負荷の少ないものを優先する。
  • 持続可能な社会の実現に向け、資源の有効活用を促進するとともに、汚染の予防と生物多様性の保全に配慮する。
  • 国内外の環境法規制や地域協定及び、その他の同意したお客様等の要求事項を遵守する。
  • 生活環境や地球環境に配慮する社員の育成と関係者の啓発に努める。
  • 地域環境への貢献や環境情報の適切な開示により、社会との健全な連携を図る。
  • 環境パフォーマンス向上のため、環境目標、実施計画を立案、実行することで課題を継続的に改善する。

環境マネジメントシステム ISO14001 認証取得

 

ラピスセミコンダクタでは、生産拠点であるラピスセミコンダクタ宮崎、ラピスセミコンダクタ宮城は勿論のこと、開発・管理部門である本社(新横浜地区)でもISO14001認証を取得しています。ラピスセミコンダクタは、この仕組みを有効的に活用して LSIの生産に要する多くのエネルギーや化学物質が環境へ及ぼす影響を最小化する様々な取り組みを推進しております。

一方、LSI商品開発では、LSI使用時に省エネ・省資源に大きく貢献を果たすことから、その特徴を更に伸長させるために、新商品設計時には環境配慮を行う仕組みを取入れています。たとえば、従来型の半導体パッケージに比べ超小型・軽量化を実現するWL-CSP技術をより推進させることにより、電源あるいはサイズに制約の多い携帯電話などの今後更なる成長が期待されているモバイル機器分野等へ多大な貢献をしています。

安全衛生方針

 

われわれはCSR の精神に則り、
すべての事業活動において安全と健康が最重要課題のひとつであることを認識し、安全で快適な職場環境作りと、心身の健康の保持・増進に積極的に取組む。

  • 安全衛生関係諸法令やその他の要求事項および社内規定を順守する。
  • リスクアセスメントを実施し、職場における危険源とリスクの大きさを特定したうえで管理策を実行することでリスクレベルを低減させ労働災害を防止する。
  • 安全・健康に関する教育・訓練等を計画的に行い意識の向上に努めるとともに、自主的活動の活性化により快適な職場づくりを推進し、負傷・心身の疾病予防を図る。
  • 安全衛生目標、実施計画を立案、実行することで課題を継続的に改善するとともに、定期的に見直しを行い一層のレベルアップを図る。

労働安全衛生マネジメントシステム OHSAS18001 認証取得

 

ラピスセミコンダクタでは、従来から活動していた労働安全衛生活動をベースに、OHSAS18001に基づく労働安全衛生マネジメントシステムを構築して、労働災害ゼロ、自主的な改善等を年度目標に設定して、継続的な改善活動に取り組んでいます。

2015年10月にLSIの設計・開発、販売に関して、OHSAS18001の外部認証を取得しています。