• 音声LSIセレクションガイド

  • 音声データの基礎知識

  • 圧縮音声データの試聴

音声LSIセレクションガイド (音声メモリサイズ 計算機)

お客様のシステムに必要な音声メモリサイズを計算します!

お客様の製品の音声メモリサイズを計算して、最適なラピスセミコンダクタ音声合成LSIをご提案いたします。

1. 音声合成LSIの基本設定を入力

グレード :
CPU I/F :
再生時間 :

※再生時間は、4bit ADPCM2でサンプリング周波数8.0kHz時の目安

メモリタイプ :

2. 音声データのスペックを入力してメモリサイズ算出

合成方式 フレーズ数 音の長さの平均 サンプリング
周波数
メモリサイズ
概算

{{ spec_1_size }}
 Mbit

{{ spec_2_size }}
 Mbit

{{ spec_3_size }}
 Mbit

{{ spec_4_size }}
 Mbit

音声データを格納するメモリサイズ合計は、

{{ totalSize }} Mbit

3. お客様のシステムに最適なラピスセミコンダクタ音声合成LSIを下記リストにてご提案いたします。

  データ
シート
動作
電圧
(V)
動作
周波数
(MHz)
発振子 動作
温度
(°C)
ROM
容量
(bit)
フレー
ズ数
最大
再生
時間
CPU
I/F
SPアンプ
出力(W)/
クラス
ミキシ
ング数
(内部)
(ch)
その他 PKG ハロゲン
フリー
対応*1
車載
対応*2
ネット
商社
在庫

{{ lsi.PartNo }}

{{ lsi.Mixing }}

 
 
 

{{ message }}

  • *1 : ハロゲンフリー対応印 : ハロゲンフリー対応品をご用意しています。詳細は担当営業にお問い合わせください。
  • *2 :  は、車載対応品。 は、AEC-Q100認定品をご提供できます。

合成方式の種類

サンプリング周波数
\ 合成方式
説明 音質 圧縮率 再生時間 (秒)
※ 音声データサイズ1Mbit時
ビット
レート
方式 人の声 音楽 効果音 Fs = 8kHz Fs = 16kHz Fs = 32kHz

(可変ビット長)
HQ-ADPCM *1

ラピスセミコンダクタ独自の方式です。

ビットレートを可変ビット長にすることで高音質を保ちつつ高圧縮を可能にした方式です。下記4bit ADPCM2の上位の方式になります。
人の声、動物の声、自然の音や音楽、効果音など様々な音質に適しています。
新規開発する場合や、他の方式からより高音質・高圧縮な方式に変えたい場合は、この方式を推奨します。

高音質 高音質 高音質 1/5 40 20 10

4bit ADPCM2

ラピスセミコンダクタ独自の方式です。

一定間隔で音声データを数値化、前のデータとの差分を取ることで高圧縮を実現、波形の追従性を良くすることで音質を向上しています。
人の声、動物の声、自然の音などの表現に適しています。
現在この方式を使用されていて、より高音質・高圧縮な方式に変えたい場合はHQ-ADPCM方式を推奨します。

高音質 低音質 低音質 1/4 32 16 8

8bit ノンリニアPCM

ラピスセミコンダクタ独自の方式です。

波形中心の近くは10ビットで記録することにより高圧縮で高音質を実現しています。
音量の小さい音や人の声を表すのに適しています。
現在この方式を使用されていて、より高音質・高圧縮な方式に変えたい場合はHQ-ADPCM方式を推奨します。

高音質 中音質 中音質 1/2 16 8 4

8bit PCM

一般的な方式です。

音楽、効果音などの表現や、波形の変化が急峻な効果音やパルス形状の波形に適しています。

高音質 高音質 高音質 1/2 16 8 4

16bit PCM

一般的な方式です。

音楽、効果音などの表現や、波形の変化が急峻な効果音やパルス形状の波形に適しています。

高音質 高音質 高音質 1/1 8 4 2
  • *1 : HQ-ADPCM は、Ky'sの高音質音声圧縮技術です。Ky'sは、国立大学法人九州工業大学の登録商標です。Ky's ロゴ

語句説明

語句 説明

サンプリング周波数 (Fs)

音声などのアナログ信号をデジタル信号に変換する際、1秒間のデータに対して何回行う(量子化する)かを表す数値です。
単位はHzが用いられ、例えば8kHzの場合は1秒間に8,000回、16kHzの場合は1秒間に16,000回サンプリングします。
サンプリング周波数が高い方が音質は向上します。
(音楽用CDでは44.1kHz、デジタル放送では48kHzのサンプリング周波数が採用されています。)

ビットレート

1秒間に発声するデータ量をbitで表した時の数値です。
同じ方式・サンプリング周波数のデータの場合、音質はビットレートが高い方が向上します。ただし、データ量は多くなります。

フレーズ数

再生する音の種類の数です。
音声LSIでは、設定できるアドレス数になります。
例えば、「ラピスセミコンダクタです」を再生する場合、「ラピスセミコンダクタです」とした場合は1フレーズ、「ラピスセミコンダクタ」と「です」に分けた場合は2フレーズになります。

効果音

合成方式 HQ-ADPCM 4bit ADPCM2 8bit ノンリニアPCM 8bit PCM 16bit PCM

32kHz

PLAY PLAY PLAY PLAY PLAY

16kHz

PLAY PLAY PLAY PLAY PLAY

8kHz

PLAY PLAY PLAY PLAY PLAY

メロディ

合成方式 HQ-ADPCM 4bit ADPCM2 8bit ノンリニアPCM 8bit PCM 16bit PCM

32kHz

PLAY PLAY PLAY PLAY PLAY

16kHz

PLAY PLAY PLAY PLAY PLAY

8kHz

PLAY PLAY PLAY PLAY PLAY

ガイダンス

合成方式 HQ-ADPCM 4bit ADPCM2 8bit ノンリニアPCM 8bit PCM 16bit PCM

16kHz

PLAY PLAY PLAY PLAY PLAY

12kHz

PLAY PLAY PLAY PLAY PLAY

8kHz

PLAY PLAY PLAY PLAY PLAY
  • ※ サンプル試聴音源の著作権については、全て当社に帰属するものであり、著作権法により保護されております。当社のサンプル試聴音源を無断で使用する事は法律により禁止されております。