生産本部製造管理部計画グループ

製造管理 プランナー

製造管理 
神奈川大学 経済学部 経済学科 卒業
2016年入社
趣味:映画鑑賞、ランニング

全商品に関わる、生産のプランニングを担当

現在の仕事内容は

ラピスセミコンダクタ全商品に関わる生産のプランニングをする業務を主に担当しています。
具体的にはお客様からのご要求に対して納期通り確実に商品を供給できるよう、工場の稼働状況を考慮し生産する工場を最適に配分します。工場での生産=会社の売上に直結しているので、緊張感のある業務ですが、同時にとても貴重な経験をさせていただいていると感じています。

以前はできなかったことが当たり前にできるように

達成感・成長を感じた出来事は

入社3年目に、一部の商品のみ担当していたプランニング業務を、全商品任されることになりました。
当初は先輩社員に指導を仰ぎながら遅くまで会社に残ることもありましたが、今ではプランニング作成から部内への説明、最終承認まで一通りの業務をひとりでこなせるようになりました。上司に「成長した」と言われた時に、ふと過去を振り返るとできなかったことが当たり前にできるようになっていたことに気づき、成長を実感しました。

半導体についての専門的な知識を習得

今までで一番苦労したことは何ですか?

文系出身のため半導体についての専門的な知識がなく、生産のプロセスや日々飛び交う専門用語の習得に苦労しました。
入社間もない頃は、分からないことは同僚・上司に都度質問し、その日学んだ単語等は復習も兼ねて単語帳にまとめてから帰宅するように習慣づけていました。
本や資料などに詳しく書かれているものもありましたが、自分自身の言葉でまとめることで見返した時にもイメージしやすくなり習得が早まったと思います。

お客様が「欲しいとき」に「欲しいもの」を「欲しい数量」提供

入社後のギャップは

入社前は社内や工場とやり取りすることが多い部署だと思っていましたが、実際にはお客様を訪問する機会が多くありました。
訪問時は、主にラピス品を搭載していただいているお客様の製品の売れ行きをヒアリングします。半導体は平均して2カ月~3カ月ほど生産期間を要しますので、お客様が欲しい「とき」に欲しい「もの」を欲しい「数量」提供するためには、先々の要求に対して生産を開始する必要があります。
余裕を持ちたいと前もって多く生産しすぎても、万が一要求が減った時は在庫になってしまい会社の損害となります。最適なプランニングをするためには、ヒアリング情報を盛り込むことが重要となります。

お客様の要求には全力で応える

ラピスを一言で

「お客様第一主義」であると思います。お客様の困難なご要求に対しても、さまざまな手段を駆使して全力で応えようとする動きが、社風として根付いていると感じます。会社として当たり前のことなのかもしれませんが、お客様からの信頼を得られている要因になっていると感じます。