小型ディスプレイドライバ開発チーム

ディスプレイドライバ開発エンジニア

レイアウト設計   評価・解析

琉球大学 大学院 理工学研究科 卒業
2014年入社
趣味:ゴルフ、ドライブ

スマートフォン向けのディスプレイドライバLSIの開発を担当

現在の仕事内容は

私の業務はスマートフォン向けのディスプレイドライバーLSIの開発です。
スマートフォン向けのLSI開発は先端プロセスを駆使した大変難しく、やりがいのある仕事です。
その中で現在は主にレイアウト設計を行っています。フォトマスクという半導体チップを作るための図版を作成するための作業がレイアウト設計になります。
回路図を元にレイアウト設計をしますが、商品の特性を出せるかどうかもレイアウト設計にかかっています。良くないレイアウトだと様々な不具合が発生し、満足する特性を得る事が出来ません。そのため、回路設計者と常に情報交換を行いながら作業を行って不具合のない設計を心掛けています。

限られた時間の中で、不具合の原因究明

入社後、苦労したことは

ある商品の開発に携わり、顧客評価時に不具合が見つかりました。その原因究明を一人で担当し、とても苦労しました。
周りの人たちからもいろいろアドバイスをもらって、原因を見つけ出し、シミュレーションで不具合再現までしました。
想定原因から対策案を考え正常動作することまで短期間で確認しました。 短納期の限られた時間の中で原因想定、再現、対策案立案まで行った事が一番苦労したことで一番記憶に残っております。

チームが一致団結して、モノづくりをするという感動

達成感を感じる瞬間は

私は入社して以降、設計レイアウト・解析の業務に携わっています。
設計レイアウトでは、チップを小さくするためにレイアウトで工夫を凝らしました。他社よりも小さくすることでコスト削減に繋がったことが嬉しかったです。
解析では、オバーク、PEM解析など、装置操作を覚えて、不良解析結果をいち早く設計にフィードバックしています。
どの仕事にもそれぞれ達成感がありますが、一番はチームが一致団結して、同じ目標に向かってモノづくりしているところに感動があります。

お客様が求める商品を低コスト、高品質で提供していきたい

今後の目標は

自身の業務の専門知識を高めていき、より良いものづくりができたらと思います。
スポンジのようにあらゆる知識を吸収し、視野を広げ、お客様が求めるものを低コスト、高品質で提供していきたいです。

やりたいことに耳を傾けてくれる企業に

就職活動について

ご自身のやりたいことに耳を傾けてくれる企業を選択して欲しいと思います。
1日の3分の1の時間を過ごすことになる場所なのだから、たくさん情報を集めて慎重に選択することをおすすめします。