安全衛生方針

われわれはCSRの精神に則り、すべての事業活動において安全と健康が最重要課題のひとつであることを認識し、
安全で快適な職場環境作りと、心身の健康の保持・増進に積極的に取り組む。

  1. 安全衛生関係法令やその他の要求事項および社内規定を順守する。
  2. リスクアセスメントを実施し、職場における危険源とリスクの大きさを特定したうえで管理策を実行することで
    リスクレベルを低減させ労働災害を防止する。
  3. 安全・健康に関する教育・訓練等を計画的に行い意識の向上に努めるとともに、自主的活動の活性化により
    快適な職場づくりを推進し、負傷・心身の疾病予防を図る。
  4. 安全衛生目標、実施計画を立案、実行することで課題を継続的に改善するとともに、定期的に見直しを行い
    一層のレベルアップを図る。


労働安全衛生マネジメントシステム OHSAS18001 認証取得

ラピスセミコンダクタ宮崎では、2015年8月にOHSAS18001の 外部認定を取得いたしました。
グループ共通の安全衛生方針に則り、労働安全衛生マネジメントシステムを構築し、
生産拠点として、労働災害ゼロを目標に継続的な改善活動に取り組んでいます。



個人情報保護ポリシー
All Rights Reserved, Copyright(c)2019 LAPIS SEMICONDUCTOR MIYAZAKI CO.,LTD.