×

Lazurite Sub-GHz(ラズライト サブギガヘルツ)

Lazurite Sub-GHz

Lazurite Sub-GHzはラピスセミコンダクタ製16bit低消費マイコンML620Q504を搭載したオープンプラットフォームのマイコンボードです。
数百メートルの通信を低消費電力で実現できる特定小電力(920MHz帯)の技適認証取得済モジュールを同梱しているため、IoTのセンサーノードを簡単に実現することができます。
Lazurite Sub-GHzは、20本の入出力端子(内6本はアナログ入力端子と兼用)を搭載し、16MHzで動作します。また、マイコンが動作していない時のスリープ動作を実現するために32.768kHzの水晶発振を搭載しましたので、システム全体の消費電流を従来のマイコンボードから大幅に削減しました。
Lazurite IDEを搭載したPCと、Lazurite BasicをUSB接続することで、プログラムを開発することができます。
コネクタはArduino Unoと互換のインタフェースであり、ソフトウエアもArduinoライクのインタフェースで開発することができます。

仕様

項目 仕様
CPU ML620Q504H
マイコンコア 独自16bit RISCコア
ソフトウエア開発言語 C言語(ANSI C互換)
C++には対応しておりません。
動作周波数 動作時 16MHz / Sleep中 32.768kHz
プログラムROM 64KB (ユーザ領域は65,536バイト中、64,512バイト)
GPIO 20系統(12bit ADコンバータ用端子を含む)
PWM出力 8系統
外部割り込み 2系統(最大8系統)
12bit ADコンバータ 6系統
I2C マスターのみ1系統
SPI マスターのみ1系統
非同期シリアル 2系統
動作電圧 3.3V /5V 切り替え可能
BP3596A使用時はVにしないでください。
電源電圧 マイクロUSB-B / DC電源 7-15V
消費電流 sleep関数実行中 2mA / 動作中 10mA

技術情報

免責事項