×

LazuriteIDEからプログラムが書き込めない場合

2015-10-17

LazuriteIDEからLazurite Sub-GHzにプログラムが書き込めないとき、その原因を調べるツールを作成しました。

LazuriteはFT232Rのドライバを経由してボードからパラメータの取得を行い、接続先がLazurite Sub-GHzであることを確認してからボードにプログラムを転送します。本ツールは認証に使用しているAPI経由でLazurite Sub-GHzからボードのパラメータを取得するソフトウエアです。
本ツールを実行すると、「ftdi_status.log」というファイルが作成されますので、そのファイルを弊社までメールにてご送付ください。

メールの送付先: lazurite@adm.lapis-semi.com

ソフトウエアのダウンロードはこちらから

実行するためには、Visual C++2015のランタイムが必要です。それは、こちらからダウンロードしてください。