×

らずらいと姫の挑戦日記(第20回)~静電タッチ応用編~

2016-08-29

前回作った静電タッチ装置にソリッドステートリレーとAC電源をつけて、触ったら電源ONになる装置を作ってみたいと思います☆
ここではPCのディスプレイ電源がONになります。

13

用意するもの

  • 静電タッチ装置
    14
  • ソリッドステートリレー(SSR)キット

17 8

  • コンセント 2個
  • 電源プラグ 1個
  • コンセントケーブル

リレーとは?

運動会のリレー競争のバトンをつなぐのと同様に、「電気をつなぐ」という役割から、リレーと名付けられました。英語で「RELAY」と書き、日本語では「継電器」とも言われているそうです。

有接点リレーと無接点リレーの二つの種類があります。

有接点リレー

コイル(電磁石)とスイッチ(接点)で構成されている電気部品です。コイルに電流を入力することで磁力(電磁石)を発生させ、その力でスイッチをON/OFFするものです。

23

無接点リレー(ソリッドステートリレーSSR)

動作的には有接点リレーと変わりませんが、半導体や電子部品を使用したリレーです。LEDが光ると光センサーが反応するなどで、スイッチをON/OFFしています。

24

回路図

1

Lazuriteの3V3ピンとSSRのプラス・Lazurireの4番ピンとSSRのマイナスをそれぞれ繋ぎます。

19

20

21

動かしてみよう!

Lazurite IDEを開き、下記プログラムをマイコンボードヘ転送します。

bool event;
void callback(void)
{
	event = true;
}
void setup() {
	// put your setup code here, to run once:
	event = true;
	Serial.begin(115200);
	pinMode(2,OUTPUT);
	pinMode(8,INPUT);
	pinMode(3,OUTPUT);
	pinMode(4,OUTPUT);
	digitalWrite(3,HIGH);
	digitalWrite(4,HIGH);
	timer2.set(100L,callback);
	timer2.start();
}

void loop() {
	// put your main code here, to run repeatedly:
	int i;
	bool result[3];
	wait_event(&event);
	event = false;
	for(i=0;i<3;i++)
	{
		unsigned long duration[2];
		digitalWrite(2,HIGH);
		duration[0] = pulseIn(8,LOW,50);
		digitalWrite(2,LOW);
		duration[1] = pulseIn(8,HIGH,50);
		if((duration[0] > 50) || (duration[1] > 50)) result[i] = true;
		else result[i] = false;

		sleep(1);
	}
	if((result[0] == true) && (result[1] == true) && (result[2] == true))
	{
		digitalWrite(3,LOW);
		digitalWrite(4,LOW);
	}
	else if((result[0] == false) && (result[1] == false) && (result[2] == false))
	{
		digitalWrite(3,HIGH);
		digitalWrite(4,HIGH);
	}
}

静電タッチ装置と同じですが、線に触れるとLEDが点灯し、PCモニターの電源が入ります。手を離すと、LEDが消灯し、モニターの電源も切れます。

26

これで、触ったら電源ON/OFFできる装置の完成です。

前回の静電タッチの実験の時は、誤検出していましたが、その問題も今回は改善されていて、触っている間は電源がついています♪

今回で記念すべき20回目をむかえることができました!Lチカプログラムからはじまり、ORIZURUを飛ばし、はんだ付けに挑戦し、こんな装置まで作れるようなりました!!

でも、まだまだ初心者です.今後も色々勉強し、挑戦していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします♡