×

Lazurite 920Jの電池寿命シミュレータ

2017-07-25

今回のブログは、消費電力やデータ送信量を入力して、電池の持ち時間を計算するシミュレータの紹介です。

初期値は、ボタン電池 CR2032を使用して、1分間に1回、32バイトのデータを送信する場合の電力プロファイルです。
なお本ツールはあくまでも目安です。お手持ちの環境(電圧,温度,周辺回路)によって変わります。また、保証値ではありませんので注意してください。

シミュレータ

バッテリ容量 mAh

通信モード bytes

動作モード状態毎の消費電流
動作状態 消費電流(mA) 送信間隔当たりの動作時間(s) 1時間当たりの電池消費量(mAh)
動作間隔
無線送信状態 35
無線受信状態 15
マイコン動作状態
スリープ状態


動作時間:
hours
Days
Years

使い方

以下のパラメータを入力してください。
 - 電池容量 (3.3V以上)
 - 通信モードを指定して、1回あたりで送信するバイト数を入力してください。
 - 動作間隔を秒単位で入力してください。
 - 指定したインターバル間に受信する時間がある場合は、その時間を指定してください。消費電流は無線受信時の消費電力が入力されています。
 - CPUのみ動作している時間と、その時の消費電流を入力してください。消費電流の初期値は、マイコン ML620Q504Hの消費電流になります。
 - sleep時の消費電流を指定してください。sleep時間は、インターバルとその他の時間から自動的に計算されます。
 - これらの設定が完了したら、「計算実行」ボタンを押してください。