Lazuriteの開発者 1号

フォーラムで作成した返信

表示中の投稿 1 (合計 202 中)
  • 著者
    投稿
  • 返信先: Lazurite Pi Gatewayでの収集エラーに関して #12090

    Lazuriteの開発者 1号
    キーマスター

    PythonのGUIベースのプログラムは、大量のデータを表示するのに向いていない可能性があります。
    コンソール画面で動作するRubyなどでお試し頂きたく、お願いいたします。

    返信先: Node-RED グラフの表示がない #12048

    Lazuriteの開発者 1号
    キーマスター

    回答が遅くなり申し訳ございません。
    10m以上離れると受信できないのは異常なので、お手数ですがご連絡先をこちらまで連絡いただけますよう、お願いいたします。

    また、Node-REDのトラブルシューティングをブログにまとめましたので、こちらをご確認ください。

    返信先: pwm制御 #12042

    Lazuriteの開発者 1号
    キーマスター

    こちらのH-Bridge、Servo制御用の関数をご確認ください。
    http://www.lapis-semi.com/lazurite-jp/contents/reference/motor.html

    1usの単位で制御することができます。ソフトウエアでパラメータを設定するところではばらつきがありませんが、クロック周波数やアナログ読み取りの精度などを鑑みると1%以上の誤差が生じると思いますので、ご確認の上でご使用ください。

    返信先: sleep解除 #12041

    Lazuriteの開発者 1号
    キーマスター

    sleepを解除する方法は、
    ・割り込み信号(wait_event関数を使用する)
    ・タイマーを使用する
    の2通りになります。
    マイコンの機能には、自動で電圧を計測するという機能が無いので、タイマーなどを使用して定期的に電圧を計測する必要があると思います。


    Lazuriteの開発者 1号
    キーマスター

    現在、距離センサーを取り寄せておりますので、入手後に動作確認をして連絡をさせていただきます。

    返信先: SubGHz.beginでハング #11964

    Lazuriteの開発者 1号
    キーマスター

    こちらのURLから直接ソフトウエアをダウンロードできると思いますので、お試しいただけますようお願いいたします。
    http://www.lapis-semi.com/lazurite-jp/contents/data/setup_010000_08Aug2017.exe


    Lazuriteの開発者 1号
    キーマスター

    Lazurite920J用にWatchdog timerのビルドオプションをつければ動作すると思います。
    お試しください。
    ・Lazurite 920J用のビルドファイル
    C:\LazuriteIDE\hardware\lazurite_mini\build\lazurite_mini.bld
    ・追加するオプション
    CMPOPT=/D_WDT

    返信先: 電波はいつ出ていますか? #11880

    Lazuriteの開発者 1号
    キーマスター

    SUbGHz.init()は初期化を行います。
    SubGHz.begin()で無線部分を動かすための設定を行いますので、ここから電力を消費します。
    SubGHz.send()の時に、電波が出ます。
    SubGHz.close()は、無線部分の動作を停止されて、スタンバイ状態に移行します。


    Lazuriteの開発者 1号
    キーマスター

    ご使用になられているのは、Lazurite SubGHzでしょうか?
    それとも、Lazurite 920Jでしょうか?

    返信先: 構造体のネストについて #11871

    Lazuriteの開発者 1号
    キーマスター

    下記の様に、構造体に名前を付与すると問題なくビルドは通るようです。
    お試しください。

    union u_data{
    unsigned char BYTE[2];
    struct{
    struct{ // BYTE[0]
    unsigned char :1;
    unsigned char A :7;
    } pack11;
    struct{// BYTE[1]
    unsigned char :1;
    unsigned char B :7;
    } pack12;
    } pack1;
    }DATA = {1,1};


    Lazuriteの開発者 1号
    キーマスター

    確認しましたが、大丈夫です。

    ソースコード lazurite_system.c 531行目辺りが対象のコードなのですが、wdt_clear()により、ウオッチドッククリアされています。

    返信先: Sub-GHzとPi Gateway間の双方向通信に関して #11867

    Lazuriteの開発者 1号
    キーマスター

    sleepは省電力モードに入っているため受信処理が出来ません。
    受信中は動作状態で待受をして頂けますよう、お願い致します。

    送信してから、所定の時間だけ受信可能とし、その後スリープするプログラムを作成ましたのでご活用ください。

    ファイルはこちらです。

    返信先: 送信機のn倍化について #11865

    Lazuriteの開発者 1号
    キーマスター

    了解いたしました。何か問題があればご連絡を頂けますよう、お願い致します。


    Lazuriteの開発者 1号
    キーマスター

    当方では連続数ヶ月動作させている装置がありますが、特に問題は生じておりません。

    本題ですが、Lazurite IDE自体にはWatch Dog Timerのオプションを有効にする設定が含まれているので、試していただきたくお願い致します。
    オプションから「LAZURUTE Sub-GHz(WatchDogTimer)」を選択していただければ動作をするはずです。
    しかし、最近は動作確認をしていないので、何かしら問題が発生する可能性が有りますのでご注意ください。

    Watch Dogを有効にした状態でお客様のソフトウエアで数秒単位のジョブを専有すると、watch dog timerが働いてリセットされてしまいますので、ご注意ください。
    sleepなどを使用する限りであれば問題は生じません。

    返信先: 送信機のn倍化について #11860

    Lazuriteの開発者 1号
    キーマスター

    回答が遅くなり申し訳ございません。
    送信機側2台に別々のPANIDを設定されているでしょうか?

    PANIDは所属しているグループを示すIDになりますので、それは同じものを設定していただきたく、お願いいたします。
    参考資料はこちらになります。

表示中の投稿 1 (合計 202 中)