SubGHz.beginでハング

このトピックには 2 返信 、 2 ボイス が含まれます。 最終更新 by  nobuta 1 年 前.

表示中の投稿 1 (合計 3 中)
  • 著者
    投稿
  • #11961 返信

    nobuta

    6月に作成し安定して動作していたファームウェアに手を加える必要があり、
    その際、Lazurite-IDEが更新されていたので、2017/9/12版をダウンロードして、ビルドしました。

    ところが、SubGHz.beginで頻繁に止まる事象が発生しました。
    (呼び出したまま戻ってきません。)

    原因を追っていくと、どうも瞬間的な電力が足りてない気がします。
    (Lazurite 920JのLDO3Vを他のデバイスにも使用しています。
    そのデバイスのうち、消費電流の大きいデバイスをスリープに入れるとかなり症状が軽減されます。ただし、100%無くなる訳では無い。
    内臓LDOの最大出力電流は150mAですが、それには余裕はある。)

    追って検証したいので、古いIDEを提供していただけないでしょうか。
    exeファイルが希望です。

    <使用条件>
    ・Lazurite 920J
    ・ビットレート 100KBPS
    ・送信パワー 20MW

    #11964 返信

    Lazuriteの開発者 1号
    キーマスター

    こちらのURLから直接ソフトウエアをダウンロードできると思いますので、お試しいただけますようお願いいたします。
    http://www.lapis-semi.com/lazurite-jp/contents/data/setup_010000_08Aug2017.exe

    #11966 返信

    nobuta

    提供ありがとうございます。

    結論から言うと、駄目でした。
    2017/5/12版、2017/7/18版も試してみたいので供給してくださいますか。

    波形を観測すると、SubGHz.begin時にLDO3Vの100mV程度の電圧の落ち込みが見られます。
    これが原因か分かりませんが、、

表示中の投稿 1 (合計 3 中)
返信先: SubGHz.beginでハング
あなたの情報:




+ 58 = 62