Lazurite Pi Gatewayのバージョンアップ

ホーム フォーラム Raspberry PiやLinuxについて Lazurite Pi Gatewayのバージョンアップ

このトピックには 6 返信 、 2 ボイス が含まれます。 最終更新 by  ykm77 1 年、 7 月 前.

表示中の投稿 1 (合計 7 中)
  • 著者
    投稿
  • #10335 返信

    Lazuriteの開発者 1号
    キーマスター

    Lazurite Pi Gatewayのハードウエアをバージョンアップしようと考えています。
    対応できるかわかりませんが、ご要望があれば書き込みをお願いいたします。次のような内容を検討しています。
    1.電源ボタンの追加
    2.コンソール出力用USBコネクタの追加

    #10340 返信

    chobichan

    Lazurite Pi Gateway、先日RasPi3を買った折に購入したのですが、まだ触れていない。
    基板に改修が入ると言う事で要望を書いて置こう。

    電源スイッチを付けるなら、電源コネクタも実装できるようにしてください。これが載るように。
    http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-06568/
    そしたらわざわざ2.5A以上出力できるUSB電源だの、2.5A以上の電流が流せるUSBケーブルを用意しなくて済みます。

    #10341 返信

    chobichan

    OLEDのディスプレイとか搭載できればいいんだけれど、搭載スペース無いかな?
    せめてチカチカできるLEDとか、スイッチとかの簡単なインタフェース。

    #10343 返信

    ykm77

    『ロームセンサ評価キット』のモジュールが使えるようになると嬉しいです。
    ドライバなども必要になりますが、ゲートウェイ側でもセンシングデータを追加できることで、
    クラウド側でのデータ解析にも使えると思います。

    #10348 返信

    Lazuriteの開発者 1号
    キーマスター

    いろいろとご意見をいただきありがとうございます。
    今回のバージョンアップの趣旨は、ゲートウェイとして使用しやすくすることを目的としております。
    1.電源コネクタ
    シールド基板に電源を搭載してもメイン基板に供給する方法がありません。回路図を見る限り、5Vの端子に入れてしまえば問題なく使用できそうですが、電流容量等のことを考えると不安が残ります。確かに、ACアダプタから直結できると、接触が不安なマイクロUSBよりもよいとは思います。
    2.OLEDのディスプレイは、コストインパクトがあります。また、操作をするのにキーボードが必要なので、それであればPCとUSB接続してTera term等から制御できるようにしてしまったほうがよいと考えて、コンソール出力用USBの追加になっています。
    3.LEDの追加は検討いたします。確かに、アプリケーション層から使用できるLEDはあったほうが使い勝手がよいと思います。
    4.ロームセンサ評価キットの接続は、ゲートウェイ機能ではないので今回の変更は見送りとさせていただきます。そちらは、LazuriteSub-GHzでご使用いただけたら幸いです。

    #10349 返信

    chobichan

    秋月のこれは、拡張コネクタの5Vに直接接続している様子です。
    http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-11073/

    もっとも2.5Aも流せるパターンには見えないのですが、、、

    #10365 返信

    ykm77

    『ロームセンサ評価キットの接続』は、大丈夫ですよ。
    ゲートウェイ側で温湿度を取りたいと思っていたので、どうかなと提案してみました。
    普通にRaspberryPiに温湿度センサを取り付けるようにして作ります。

    あとは、電源が供給されていることがわかるようなLEDとかですかね。
    動かなくなった時に、疑うのはまず電源周りなので。

    使っていて気が付いたことがあれば、また連絡します。

表示中の投稿 1 (合計 7 中)
返信先: Lazurite Pi Gatewayのバージョンアップ
あなたの情報:




× 6 = 6