センサ用subGHzサンプルプログラムのprint文について

ホーム フォーラム Lazurite IDEについて センサ用subGHzサンプルプログラムのprint文について

このトピックには 3 返信 、 2 ボイス が含まれます。 最終更新 by  Lazuriteの開発者 1号 1 年、 2 月 前.

表示中の投稿 1 (合計 4 中)
  • 著者
    投稿
  • #11455 返信

    ますさん

    サンプルプログラムのROHMセンサでsubGHzを使うで
    Print.init(tx_buf, sizeof(tx_buf));
    Print.p(“STX,”);
    Print.f(acc[0], 2);
    Print.p(“,”);
    Print.f(acc[1], 2);
    Print.p(“,”);
    Print.f(acc[2], 2);
    Print.p(“,ETX,”);
    Print.ln();
    という内容で送信用バッファ(tx_buf)を設定しているようですが
    このPrint.initやPrint.p,Print.f,Print.ln
    の説明はどこに記載があるのでしょうか.
    お教えいただけませんか.

    #11459 返信

    Lazuriteの開発者 1号
    キーマスター

    記載がなかったので、公式のAPI一覧に追加します。お待ち下さい。

    #11673 返信

    ますさん

    1週間以上立ちましたが,
    Lazurite日本語リファレンス上は特に記載ないようです.
    どこに記載されていますでしょうか.
    お教えいただけませんか.

    #11707 返信

    Lazuriteの開発者 1号
    キーマスター

    リファレンスページへのリンクを付け忘れていました。
    文字列操作関数をご参照ください。
    今は、リファレンスページの下の方にリンクが追加されています。

表示中の投稿 1 (合計 4 中)
返信先: センサ用subGHzサンプルプログラムのprint文について
あなたの情報:




− 2 = 1