Lazurite Linuxライブラリ用日本語リファレンス



 

Linuxカーネルドライバ (LazDriver)

動作概要
  Linux用カーネルドライバです。
  送信はデータがセットされたとき即座に行います。
  受信は内部に4パケット分のバッファがあり、最後に受信した4パケット分を読み出すことが出来ます。

インストール方法

1. Ruby用ライブラリ   'LazGem'
 ライブラリのインストール方法
         $ sudo gem install LazGem
 サンプルプログラムのダウンロード方法
   githubからソースコードをダウンロードし、sampleのフォルダを参照してください。
         $ git clone git://github.com/LAPIS-Lazurite/LazGem
         $ cd LazGem/sample
         $ ./sample_rx.rb  36 # 36はチャンネルです
 ライブラリの使用方法
   require 'LazGem'
         laz = LazGem::Device.new
         laz.init()  # deviceの初期化を行います

2. C言語 共有ライブラリ 'liblazurite'
  ライブラリのインストール方法
         $ git clone git://github.com/LAPIS-Lazurite/liblazurite
         $ cd liblazurite
         $ make
         $ make install
    サンプルプログラム
          sampleフォルダの下にサンプルがあります。
         $ cd sample
         $ make
         $ ./sample_rx_raw 36    # 36はチャンネルです

3. Python用ライブラリ 'PyLaz'
    一部、非対応のAPIがあります。
  ライブラリのインストール方法
         $ sudo pip install PyLaz または sudo pip3 install PyLaz
    サンプルプログラム
         $ git clone git://github.com/LAPIS-Lazurite/PyLaz
         $ cd sample


Ruby, JAVA, Python, C/C++用ライブラリ

SubGHzはIEEE802.15.4eのプロトコルで920MHzの無線通信を行うための関数群です。SubGHz(920MHz)に関する技術資料はこちらを参照してください。
これらのライブラリは、LazDriverを経由してデータの送受信を行います。

init()
begin(ch,panid,rate,pwr)
send(panid,addr,payload,length)  lengthは共有ライブラリのみ
send64be(addr,payload,length)  lengthは共有ライブラリのみ、liblazuriteとLazGemのみ対応、PythonとJAVAは非対応です
send64le(addr,payload,length)  lengthは共有ライブラリのみ、liblazuriteとLazGemのみ対応、PythonとJAVAは非対応です
send64le(addr,payload,length)  lengthは共有ライブラリのみ、liblazuriteとLazGemのみ対応、PythonとJAVAは非対応です
rxEnable()
rxDisable()
close()
remove()
getMyAddress()
getMyAddr64()   liblazuriteとRubyのみ、PythonとJAVAは非対応です
decMac()
read()
available()
getRxTime(tv_sec,tv_nsec)    liblazuriteとJAVAのみ、RubyとPythonはread関数に含まれています
getRxRssi()      liblazuriteとJAVAのみ、RubyとPythonはread関数に含まれています
getTxRssi()
getAddrType()
setAddrType(addr_type)
getTxRetry()
setTxRetry(retry)