ホーム > LSI 商品一覧 > 音声合成LSI > ML2272x / ML2276xシリーズ

音声合成LSI

話速/音程変換機能付き 4M/8M/16Mbit 大容量P2ROM™内蔵 音声合成LSI、 ML2272x/ML2276xシリーズ

話速/音程変換機能付き4M/8M/16Mbit大容量P2ROM™内蔵音声合成LSI

商品概要

チップ写真

ML2272x
パッケージ外形図

ML2272x/ML2276xシリーズは、音声再生の速度や音程を調整できる音声合成LSIです。音程を変えずにゆっくり再生を行ったり、速度を変えずに音程の上げ下げが行えます。これにより、家電などでは、お年寄りにも聞きやすいガイダンスを実現したり、また警報装置などでは、緊急の度合いによって、ガイダンスの声の調子を変えることができます。
メモリ部にはP2ROM™メモリを採用、音声データFIXから出荷までの期間を大幅に短縮しました。またアンプを内蔵しており、そのままスピーカを繋ぐことで音声再生が行えます。


再生時間(秒)


(4bitADPCM2方式時) (話速・音程変換機能未使用時)
品名 メモリタイプ ROM容量
(bit)
最長再生時間(s)
fs=4.0k fs=8.0k fs=16.0k
ML22725 / ML22765 P2ROM™ 16M 1044 522 261
ML22724 / ML22764 8M 520 260 130
ML22723 / ML22763 4M 258 129 64

特長

  • 話速/音程 変換機能搭載
  • 最長1044秒の長時間再生
    音声内蔵の増大化・高音質化に備え、ゆとりのメモリサイズで提供
  • スピーカーアンプ内蔵
  • メモリバンク機能搭載
    内蔵メモリを分割でき、再生フレーズ数の拡張など、新しい音声LSIの使い方を提供します
  • P2ROM採用により音声データFixから量産出荷までを大幅に短縮
  • 評価ボード、専用ライタで開発をサポート
  • 内蔵ROM容量別に、16M / 8M / 4M ( bit )の3商品をラインアップ
  • CPUコマンドインタフェース
    ML2272x : SPI、ML2276x : I2C

話速/音程変換機能詳細

sodiac_of_AREX

*SodiacはAREX社の商標です。

話速変換機能は、再生速度を 0.5倍速から2.0倍速まで150段階で設定が行えます。この時、再生速度による音程変化はほとんどありません。
音程変換機能は、音程±1% のステップで40段階の設定が可能です。この時、設定音程による再生速度の変化はほとんどありません。
話速/音程変換技術に、AREX社のSodiacを採用しました。


適用アプリケーション

  • 家電 操作ガイダンス
    • 白物家電
    • 調理器具
    • エアコン
  • 住宅設備
    • 給湯機
    • 火災警報器
  • セキュリティー
    • 警報装置、盗難防止装置
  • 車載アプリケーション
    • ETC/レーダ探知機

主な仕様

項目 仕様
品名 ML2272x / ML2276xシリーズ
音声合成方式 4bit ADPCM2
8bitノンリニアPCM
8bit PCM, 16bit PCM
( フレーズごとに方式を指定可 )
サンプリング周波数
Fosc=4.096MHz時
4.0k, 5.3k, 6.4k, 8.0k, 10.7k, 12.0k, 12.8k,
16.0k, 21.3k, 24.0k, 25.6k, 32.0k, 48.0kHz
(フレーズ単位で指定可)
スピーカアンプ出力 0.7W(8Ω、5V時)
再生フレーズ数 最大4,096フレーズ ( ML22725 )
話速変換機能 0.5倍速から2.0倍速の再生速度
音程変換機能 ±20% ( 40 段階 : ステップ幅1% )
その他機能 音量制御機能、繰返し機能、ROM編集機能
動作電源電圧 +2.7V to +5.5V
クロック周波数 4.096MHz
動作温度範囲 -40°C to +85°C
供給形態 30ピンプラスチックSSOP ( 2方向リードタイプ, 0.65mmピッチ )

ブロック図

応用回路例