ホーム > LSI 商品一覧 > リチウムイオン電池監視LSI > ML5238 アナログフロントエンドタイプ(16セル対応)

リチウムイオン電池監視LSIチップセット(16セル対応)

MK5238  MCU制御タイプ

213
  • 商品概要 & アプリケーション

  • 特長

  • 主な仕様

  • 開発支援・評価ボード

商品概要





ML5238は、16セル・リチウムイオン2次電池パック保護システム向けのアナログフロントエンドLSIです。

セル電圧モニタ機能、および、充放電電流モニタ機能を有しており、外部制御用マイコンを用いて、各セルの過充電と過放電、および、過電流の保護を行なうことができます。

また、ショート電流検出機能を搭載しており、外部マイコンの制御なしで、外部の充放電制御用NMOS-FETを自動的にOFFさせます。



アプリケーション適用事例


最大の16セル対応※ラピスセミコンダクタ調べ


最大16セル直列構成の電池監視システムに対応。

充放電制御用 NMOS-FETの駆動出力


充放電制御用FETのゲート端子を直接駆動できるため追加のドライバICが不要。

高精度な電圧、電流、温度測定


電池電圧、電流値を高精度で測定することが可能。電圧検出精度は±10mV (typ.)

セルバランス機能搭載


外付け部品なしに内蔵スイッチによりセルバランス機能を実現。
スイッチON抵抗は6Ω。

低消費電流


パワーダウン時の消費電力は限りなくゼロに抑えたことで、長期保管時の電池への負担を減らすことが可能。
通常動作時 : 50µA (typ.)
パワーセーブ時 : 25µA (typ.)
パワーダウン時 : 0.1µA (typ.)

ショート検出保護


ハードウェアによるショート電流の検出保護機能を搭載し、ショート検出時にはマイコンに依存することなく電池監視システムを保護します。
項目 仕様
品名 ML5238
対応セル数 最大16セル
充放電FETドライバ NMOS-FETドライバ内蔵
電圧測定 / 検出精度 ±10mV (typ.)
ショート電流検出機能 検出閾値電圧
は100mV / 200mV / 300mV / 400mV (Typ.)から選択
(検出遅延時間調整可能)
充放電電流測定精度 ±0.5mV (typ.)
セルバランス機能 セルバランススイッチ内蔵、スイッチON 抵抗=6Ω(typ.)
マイコン インターフェース SPI シリアルインターフェース
消費電流 通常動作 50µA
パワーセーブ 25µA
パワーダウン 0.1µA
動作電圧範囲 +7V to +80V
動作温度範囲 -40°C to +85°C
パッケージ QFP44
( 14.5mm × 13.5mm × 2.25mm ) 

ML5238 評価ボード


ML5238評価ボードは、ML5238、制御用マイコンおよび周辺回路を搭載しており、16セルまでのLi-ion 電池を接続することが可能です。
制御用マイコンからコマンド制御により、セル電圧、充放電電流の測定とPC画面表示、セルバランススイッチ制御等が可能です。


接続イメージ


※評価ボードに搭載されているコントローラLSIを用いてプログラム開発をされる場合には、別途開発環境が必要です。

開発支援システム


設計、コーディングから評価、ROMコード書き込みまで一貫して支援

ラピスセミコンダクタのローパワーマイコンLSI開発支援システム