ホーム > LSI 商品一覧 > リチウムイオン電池監視LSI > ML5236 アナログフロントエンドタイプ(14セル対応)

リチウムイオン電池監視LSIチップセット(14セル対応)

ML5236  アナログフロントエンドタイプ

213
  • 商品概要 & アプリケーション

  • 特長

  • 主な仕様

  • 開発支援・評価ボード

商品概要





ML5236は、14セル・リチウムイオン2次電池パック保護システム向けのアナログフロントエンドLSIです。各セル電圧モニタ機能、充放電電流モニタ機能、および温度モニタ機能を有しており、外部制御用マイコンを用いて、各セルの過充電と過放電、過電流、高温保護を行ないます。
また、ショート電流検出機能と過充電検出機能を搭載しており、外部マイコンの制御なしで、電池パックの保護を行います。



アプリケーション適用事例


最大14セル対応


最大14セル直列構成の電池監視システムに対応。

ハイサイドでNMOS-FETによる
充放電制御が可能


ハイサイド側にMNOS-FETを設けることで、安価なNMOS-FETを使い、システム間の通信遮断、GND配線の分断が起こらない電池監視システム構築が可能。

高精度な電圧、電流、温度測定


電池電圧、電流値、温度を内蔵ADCにより高精度に測定可能。
セル電圧測定精度は±15mV (typ.)

セルバランス機能搭載


外付け部品なしに内蔵スイッチによりセルバランス機能を実現。
スイッチON抵抗は6Ω。

低消費電流


パワーダウン時の消費電力は限りなくゼロに抑えたことで、長期保管時の電池への負担を減らすことが可能。
通常動作時 : 500µA (typ.)
パワーセーブ時 : 100µA (typ.)
パワーダウン時 : 0.1µA (typ.)

電池監視システムの温度検出


2本のサーミスタを接続可能です。外部マイコンにより各端子の充電禁止温度、放電禁止温度を個別に設定可能。

ショート電流 / 過充電検出保護機能


ハードウェアによるショート電流と過充電の検出保護機能を搭載し、ショート/過充電検出時にはMCUに依存することなく電池監視システムを保護します。
項目 仕様
品名 ML5236
セル電圧測定機能 対応セル数 4セル ~ 14セル
A/Dコンバータ 12bit逐次比較型ADC
セル電圧測定精度 ±15mV (typ.)
セル電圧測定時間 2ms (typ.)/cell
充放電電流測定機能 電流センス抵抗電圧を12倍/60倍増幅し測定
ショート検出保護機能 検出閾値電圧
は50mV / 100mV / 150mV / 200mV (Typ.)から選択
(検出遅延時間調整可能)
セルバランス機能 セルバランススイッチ内蔵、スイッチON 抵抗=6Ω(typ.)
外部充放電FETドライバ ハイサイドNMOS-FETドライバ内蔵
温度センサー測定機能 サーミスタ接続端子:2入力
過充電検出保護機能 過充電検出閾値レジスタ値とAD変換結果の比較により、過充電を保護
マイコン インターフェース SPIシリアルインターフェース(3.3V / 5.0V)
マイコン用3.3Vレギュレータ 出力電流10mA(max)、外部Pch-FETによる電流ブースト可能
消費電流
(暫定値)
通常動作 500µA (typ.)
パワーセーブ 100µA (typ.)
パワーダウン 0.1µA (typ.)
動作電圧範囲 +8V to +64V
動作温度範囲 -40°C to +85°C
パッケージ TQFP44
( 12mm × 12mm × 1.2mm ) 

ML5236 評価ボード


ML5236評価ボードは、ML5236、制御用マイコンおよび周辺回路を搭載しており、14セルまでのLi-ion 電池を接続することが可能です。
制御用マイコンからのコマンド制御により、セル電圧、充放電電流の測定とPC画面表示、セルバランススイッチ制御等が可能です。


接続イメージ


※評価ボードに搭載されているコントローラLSIを用いてプログラム開発をされる場合には、別途開発環境が必要です。

開発支援システム


設計、コーディングから評価、ROMコード書き込みまで一貫して支援

ラピスセミコンダクタのローパワーマイコンLSI開発支援システム