ホーム > LSI 商品一覧 > リチウムイオン電池監視LSI > ML5233 スタンドアローンタイプ(4~10セル対応)

リチウムイオン電池監視LSI

ML5233,スタンドアローンタイプ,4~10セル対応,多段接続

  • 商品概要 & アプリケーション

  • 特長

  • 主な仕様

  • 開発支援・評価ボード

商品概要




ML5233は、4 ~ 10セル・リチウムイオン2次電池パック用保護ICです。

各セルの過充電と過放電、過電流、および高温を検出し、外部の充放電制御用NMOS-FETのON/OFF制御を自動的に行います。また、多段接続することにより、10セルを超える高電圧な電池パックにも対応可能です。


アプリケーション適用事例


10直列セル接続に対応


1つのICで最大10セル直列構成の電池監視システムに対応。

多段直列接続機能を搭載


多段接続が可能で、20セル(72V)やそれ以上の多直高電圧なLi-ion電池監視システムに対応。

高精度な電圧、電流検出と保護機能


過充電 / 過放電電圧、充電 / 放電過電流を高精度に検出可能。
過充電 / 過放電電圧検出精度は±15mV / ±50mV(typ.)。
充電 / 放電過電流検出精度は±10mV / ±15mV(typ.)。

ショート電流検出と保護機能


ショート電流保護機能により、過剰な電流を検出した場合には速やかに放電FETを遮断することが可能。

低消費電流


パワーダウン時の消費電電流は限りなくゼロに抑えたことで、長期保管時の電池への負担を減らすことが可能。
動作時        : 25µA (typ.)
パワーダウン時  : 0.1µA (typ.)

電池監視システムの温度検出と保護


サーミスタを接続可能で、主に高温を検出した場合には充放電制御用FETを各々自動的に遮断。
高温時に放電を禁止し、さらに高温になった場合には充電を禁止することが可能。
項目 仕様
品名 ML5233
対応セル数 10直列セル
(多段直列接続により拡張可能)
充放電FETドライバ NMOS-FETドライバ内蔵
過充電 / 過放電電圧
検出精度
過充電電圧
検出精度
±15mV (Max. 常温)
過放電電圧
検出精度
±50mV (Max. 常温)
放電 / 充電過電流
検出精度
放電過電流
検出精度
±10mV (Max. 常温)
充電過電流
検出精度
±15mV (Max. 常温)
ショート電流検出精度 ±15mV (Max. 常温)
温度検出機能 放電禁止温度 75°C以上
充電禁止温度 55°C以上
外部にNTC (10kΩ、B=3435) と4.7kΩ抵抗を接続時
動作電圧範囲 +5V to +60V
動作温度範囲 -40°C to +85°C
消費電流 通常動作 25µA (typ.) 、60µA (Max)
パワーダウン 0.1µA (typ.)、1µA (Max)
パッケージ LQFP 32
( 9.0mm × 9.0mm × 1.6mm リード端子含む) 

ML5233 評価ボード


ML5233評価ボードを提供します。
ML5233評価ボードは、Li-ion 2次バッテリパック用保護機能を提供するML5233、周辺回路を搭載しています。
ML5233評価ボードは7 ~ 10セルのLi-ion電池を接続することが可能で、バッテリパックの各セルの過充電過放電検出、充放電過電流検出、高温検出の動作が可能です。
なお、ML5233評価ボードには多段接続の機能はありません。