ホーム > LSI 商品一覧 > リチウムイオン電池監視LSI > ML5232 スタンドアローンタイプ(14直列セル対応)

リチウムイオン電池監視LSI

ML5232,スタンドアローンタイプ,14直列セル対応

  • 商品概要 & アプリケーション

  • 特長

  • 主な仕様

商品概要




ML5232は、14直列セルに対応した、リチウムイオン電池二次保護LSIです。

リチウムイオン電池監視システムに搭載される一次保護LSI側のシステムが不具合により機能しなくなった場合に、リチウムイオン電池の二次保護として機能します。2種類の充電経路を遮断する出力端子を搭載しており、システムのさらなる高信頼化を実現します。


アプリケーション適用事例


14直列セルまで接続可能


従来の4直列、または5直列対応LSIを複数使った2次保護システムをML5232 1個で置き換え可能、システムの小型化に貢献します。

各種検出電圧、各種検出遅延時間の
変更可能


過充電検出電圧、過充電解除電圧、過充電検出遅延時間、解除遅延時間は、マスクオプションにより変更が可能です。

低消費電流


二次保護ICは常に動作することが求められるため低消費電流が必要です。

通常動作時 : 2.7µA(typ.)
過充電状態時 : 4.7µA(typ.)

過充電検出時2種類の信号を出力


NchオープンドレインタイプとCMOSタイプの2種類の充電経路を遮断する出力端子を搭載。

過充電検出・解除遅延時間を
0.1秒に短縮可能


セルモニタ周期と過充電検出遅延時間、過充電解除遅延時間を、0.1秒(typ)に短縮可能、基板実装後のテスト時間を短縮することができます。
項 目 仕 様
対応セル数 最大14直列セル
(各セル間をショートすることで、14セル以下にも対応)
電圧測定精度 過充電検出電圧4.35V   ±20mV (max)
過充電解除電圧3.9V   ±30mV (max)
検出遅延タイマー内蔵 過充電検出遅延時間2秒
過充電解除遅延時間 0.2秒
過充電検出出力 過充電検出出力端子 (2種類):Nchオープンドレイン端子/CMOS出力端子
過充電検出出力の外部制御端子搭載
検出電圧、検出遅延時間 マスクオプション
消費電流 通常動作時 2.7µA(Typ.値)
動作電源電圧 +7 to +80V
動作温度 -40 to 105°C
パッケージ 20ピン TSSOP (6.6mm × 6.4mm)