メモリLSI開発 マーケティンググループ

メモリLSI商品企画 マーケッター

商品企画  
関西大学 工学部 電気工学科
大阪工業大学 知的財産専門職大学院 知的財産研究科 卒業
2008年入社
趣味:筋トレ、ラグビー観戦

メモリ商品の販売促進と、新商品企画のマーケティングを担当

現在の仕事内容は

担当業務は、メモリ商品の販売促進と、新商品企画のためのマーケティングです。
具体的には、市場の動向調査、商品情報の収集や、お客様に直接お話を伺って顧客ニーズを把握する等の活動をおこなっています。そこからどのような商品が売れるのかを分析し、次に開発する商品を企画します。
現在は主に自動車メーカーを訪問しており、今後の自動運転に向けて開発している機器について、どのような機能を必要としているのか、その機能にはどのようなメモリ商品を提案できるか、などをお話することが多いです。

コミュニケーションが活発なマーケティンググループ

職場の雰囲気は

所属しているマーケティンググループはチームで仕事を進める必要があるため、グループ内でのコミュニケーションが多い部署だと感じています。
現在の業務に就いてからまだ1年ですが、経験が少ない私の意見も真剣に聞いてくれますし、わからないことは簡単なことでも丁寧に教えてくれます。
情報共有や勉強会などで意見や考えをお互いに話すことが多いため、メンバーの考えていることがよくわかり、自分は何をすべきなのか、どういう役割を求められているのかなど、早い段階で理解できるようになりました。

子育てと仕事を両立

労働環境は

二人の子供を育てながら、短時間勤務でフレックス制度を利用しています。
産休、育休の取得はもちろん、現在では、子供の急な病気や学校行事があるときには、先輩や同僚がサポートしてくれるので、柔軟にお休みを取ることができ、非常に助かっています。

自ら希望して現在の部署に異動し、マーケティング業務に挑戦

経験業務と現在の業務

入社後は長い間、法務知的財産部に所属しており、社内の技術の特許出願・権利化する知財業務を行っていました。特許庁や特許事務所とのやりとりが主な仕事のため、案件ごとの期限に余裕があり業務の予定が立てやすく、自分のペースで仕事をすることができました。子供の急な熱でのお休みや早退などにも問題なく対応でき、育児のプライオリティが高くても両立しやすい業務でした。
しかし、下の子供が3歳になり、家事や育児のペースがつかめてきたころ、育児よりも仕事のプライオリティを上げたい、会社の売上に関わるような業務をやってみたい、愛着のある商品を作ってみたいという思いが強くなり、自ら希望して現在の部署に異動しました。マーケティングの経験はありませんでしたが、「挑戦したいのなら応援する」と言ってくださった上司や先輩が多く、新たな業務に挑戦する機会をいただき現在にいたっています。現在は知財で培った法律知識や技術知識、技術者へのヒアリング経験などを活かし、商品知識や市場動向などを新たに勉強しながら顧客対応に臨んでいます。
社内にはたくさんの部門があり、様々な業務があります。どのような仕事がしたいのか、どのような働き方をしたいのか、数年後どのような自分になっていたいのかなど、しっかり目標を立てておくことで、いろんな道が選択できる会社だと思います。

会社の売上に大きく貢献できる商品を企画したい

今後の目標は

今後の目標は、会社の売上に大きく貢献できる商品を企画したいです。