メモリLSI NVM開発チーム

メモリLSI開発エンジニア

仕様設計  デジタル回路設計  テスト設計  評価・解析

九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業
2016年入社
趣味:カメラ

メモリ商品の組込みソフトウェア設計から評価全般を担当

現在の仕事内容は

組込みソフトウェアの設計から評価全般を行っています。
世の中には色々なソフトウェアがありますが、私が所属している部署では、セキュリティ機能や保存されたデータを長持ちさせるための管理が必要となるメモリ向けのソフトウェアを作っています。
ソフトウェアは物理的に目に見えるものではありません。しかし、自分が担当した機能をどうやって実現するか、どんなプログラムを書けば実装できるのか考えて、それが正しく動くことをテストで確認できたときにはモノを作ったということが実感できます。

周囲に支えてもらいながら成長していけるチーム

職場の雰囲気は

私が所属している部署は、1番若手の私でも冗談を言いながら楽しく仕事ができる雰囲気です。
もちろん忙しいときは冗談を言っている暇はありませんが、忙しさをみんなでカバーし合えるよう協力してくださる先輩ばかりです。
設計や評価がうまくいかないときは、厳しいアドバイスに心が折れそうになることもありますが、それを乗り越えて褒めてもらえた時は思わず笑みがこぼれます。
大変なこともありますが、周りの方に支えられながら成長していける職場だと思います。

不具合の原因を1つ1つ確認して切り分けていくことが大事

入社後、苦労したことは

今までで一番苦労したことは、不具合の解析です。 特に初めの頃は商品の仕様や解析に使うボード、ツールの使い方が良くわからないまま、どこが悪いかの見当もつけずにプログラムを動かしていました。
商品を動かしていた環境が悪かったり、テスト自体が間違っていたこともあって、「プログラムにバグがあるんだ」という思い込みのせいで長く時間を取られることもありました。
異状が起きた時の状況から、その原因を想定して1つ1つ確認して切り分けていくことが大事だと学びました。

テスト設計を任せてもらい、成長を実感

成長を感じた瞬間は

仕事を通じて成長を感じた出来事は、テスト設計を任せてもらえたことです。
最初の頃はどの仕事をやるにしても先輩に付きっきりで見てもらっていました。開発の工程を部分的に任せてもらえるようになって、やっと役に立てるようになれたのかなと感じました。
肝心の設計についてはまだまだ独り立ちできていませんが、設計したい機能を申告すると「やってみようか」と挑戦させてもらえるようになったので、早く周囲の期待に応えられるようになりたいです。

「これは私が作った商品だ」と言えるようになりたい

今後の目標は

ソフトウェアの設計を任せてもらえるようになることは勿論ですが、プロジェクトの管理ができるようになることが目標です。
開発するソフトウェアの規模や納期、人員からスケジュールを立てる、お客さんや他部署とコミュニケーションをとってソフトウェアに必要な機能や性能を決める。今は商品開発のほんの一部にしか関わっていないので、そういった大きな部分に関わることで、胸を張って「これは私が作った商品だ」と言えるようになりたいです。
そのために、今はひたすら設計の経験を積んで、開発に必要な時間や環境などのリソースを見極めていこうと考えています。