ASアナログLSI開発チーム

ASアナログLSI開発エンジニア

アナログ回路設計  評価・解析

東京電機大学 大学院 電気電子工学専攻 卒業
2017年入社
趣味:バドミントン

電池監視LSIのアナログ回路設計や評価・解析を担当

現在の仕事内容は

ASとは、Application Specific(特定用途)のことで、LSI開発の一つとして、電気自動車やコードレス掃除機、蓄電システムなどに使用されているリチウムイオン電池を監視・保護する電池監視LSIを開発しています。
現在は回路設計や評価・解析に必要な基礎知識を習得しながら業務を遂行し、量産化間近まで進捗しています。

ピンチの時は周囲がフォロー

職場の雰囲気は

分からない事がある時は気兼ねなく上司や先輩社員に聞く事ができ、ピンチの時は周りの方にフォローしてもらえるため、とても働きやすい職場環境です。気さくで優しい先輩方のお陰で、早期に会社に馴染むことができました。

新規のアナログ回路の設計を担当し、商品に搭載

達成感があった出来事は

達成感・成長を感じた出来事の一つとして、新規のアナログ回路の設計を担当し、商品に搭載されたことです。設計では先輩社員が考案した回路を元に商品の仕様を満たすよう検証方法を検討し、うまく動作しなければ原因を調査して対策案を検討しました。
自身で解決できない場合は、周囲に助けてもらいながら業務を進めました。

ビジネスで求められる技術力

入社後に感じたギャップ

入社前に考えていた技術力とビジネスで求められる技術力の違いを感じました。入社前に考えていた技術力とは大学の研究のようなものでした。
実際にビジネスで求められる技術力は、複雑な機能や、高性能を追及するだけでなく、お客様の要求価格に応え、そして不良品流出がない商品を提供することです。

情報収集と積極的に行動することが大切

就職活動について

大学の就職支援所、先輩、就活サイト等から幅広く情報を収集し、十分に時間をかけて会社を調査することが大切です。
興味を持った会社であれば、積極的に説明会やインターンシップに参加して社員の方々と直接会話をし、会社の概要や社内の雰囲気を掴むことで、自分に合う会社を見つけることができると思います。