マイコン開発チーム

マイコン開発エンジニア

評価・解析

山梨大学大学院 医工農学総合教育部 工学専攻 卒業
2018年入社
趣味:バスケットボール、ビリヤード、対戦ゲーム

汎用マイコンの初期評価を担当

現在の仕事内容は

現在担当している業務は、新しく開発された汎用マイコンの初期評価です。
マイコンの各機能が仕様通りにできているかを確認します。例えば、セキュリティ機能の確認では、商品にパスワードを設定したら、次にアクセスする時パスワードが要求されることや、間違っているパスワードではアクセスできないことなどを確認・評価します。 わからないことも多いですが、常に様々な知識を吸収しているという達成感を感じています。

大変だった業務が段々と楽しくなった

入社後、苦労したことは

学生時代では、異なる分野の研究をしていたため、LSIの設計に関する知識は全くありませんでした。
そのため、RTL回路検証では、RTL回路や回路を検証するテストパターンの内容・目的を理解することが入社当初は大変でした。
現在は慣れてきて、大変だったことが段々と楽しくなっています。将来は、ロジック回路もテストパターンも設計したいです。

失敗を活かし、成長を実感

成長を感じた瞬間

技術的なことや、業務のやり方について理解が不十分なため、いろいろな失敗をしました。
失敗したことに対し、もちろんつらい思いもしましたが、その次の業務を行った際に、前に失敗したことを活かせた時、とても成長を感じました。

目標は、母国である中国での市場開拓や売上げの向上

今後の目標は

当面の目標はマイコンの全ての動作を人に説明できるくらい理解した上で、回路設計や検証・量産化するための評価を一人で行えるようになることです。
将来的には自分が設計したマイコンを用いて、母国語の中国語を生かし、中国における市場開拓や売り上げの向上に貢献したいと思っています。

One for all. all for one

当社を一言で表すと

「One for all. all for one」ラグビーの言葉で、「一人はみんなのために、みんなは一つ目的のために」という意味です。
自分の職場では、一つのプロジェクトや商品を成功させるために、グループのメンバーだけでなく、他のチームや部署の方々も協力し、助け合っています。