代表メッセージ

事業紹介

社員インタビュー

採用基本情報

社員インタビュー

新しい輝きで、次代を創る―若手社員が語る会社と仕事―

工学府 物理情報工学専攻
2016年入社 商品開発

現在携わっている仕事の内容は?

私が所属する部署では、IT農業向けのセンサーシステムを開発していて、私はその中でセンサー部分の開発、評価を担当しています。このセンサーの測定対象が土や水溶液ということもあり、通常の半導体製品では考慮しないような課題や問題も多いのですが、その分だけ多くのことを経験でき、やりがいも感じています。

職場の雰囲気は?

私のいる土壌センサープロジェクトは、社内初のビジネス形態ということもあり、立ち上げのため各部署、各分野からメンバーが集まっています。そのためか、わからないことがあった時に専門知識を持つメンバーに質問する場面をよく見かけます。私自身、困ったときに助けてもらうと同時に、よい勉強になっています。

ラピスに入社を決めた理由は?

私は大学で半導体工学を専攻していたので、就職活動も学んだことを活かし、深めることができる半導体に関連する企業に絞って行っていました。その中からラピスセミコンダクタに決めた理由は、多様な製品を開発していて、多くの技術や知識を身につけられると思ったことや説明会などでの雰囲気が自分にあっていると感じたからです。

先輩からの就職活動アドバイス

まず、第一にいいなと思える条件/会社を見つけることです。「業務、雰囲気、福利厚生、etc...」何でもいいので、自分が働いていくうえで、モチベーションを保てる点を見つけることが大事だと思います。後は、面接などで自分を出しきれるようにリラックスしましょう。 (個人的には、大学の教授と会話するくらいの気持ちが話しやすかったです)