当ウェブサイトは Internet Explorer9.0以上、Google Chrome33.0以上のブラウザで最適に表示されます。

これらウェブブラウザのバージョンが古い場合、ご覧になれないコンテンツや崩れて表示されることがございますので、
最新のブラウザにアップグレードすることをお奨めいたします。

Windows XP環境のお客様はGoogle Chromeのご利用を推奨いたします。

ダウンロードは
こちらから

 

LSI事業戦略 2015 無線通信ソリューション開発


Sub-GHz/Wi-SUN、Bluetooth SMARTはIoTの鍵。マイコン搭載通信システムLSIとモジュール化がソリューション商品の第一ステップ

Part.2 前編 無線通信ソリューション開発 ユニットリーダー 奥秋 康幸

ラピスセミコンダクタが2013年度に掲げた無線通信LSIの事業拡大戦略は、Sub-GHz、Bluetooth® SMART、チューナ分野への注力であった。また、通信機能にセンサとマイコンを組み合わせたモジュール開発を進め、ソリューション商品を展開することも示唆した。

これらが2015年度の新戦略である「ソリューション事業の本格的展開」にどう関係し、無線通信と密接なIoTに対してどのようなアプローチを取るのか、LSI商品開発本部 無線通信ソリューション開発ユニットのユニットリーダーである奥秋 康幸(おくあき やすゆき)氏に聞いた。

Sub-GHz とBluetooth® SMARTは市場の成長とともに展開が進む

-無線通信LSI事業の近況は?

奥秋 康幸
無線通信ソリューション開発
ユニットリーダー

奥秋 無線通信ソリューション開発ユニットリーダー(以下敬称略):2013年度の無線通信LSIの事業拡大戦略は、Sub-GHz、Bluetooth® SMART、チューナの3分野への注力でした。それぞれ、順調に推移していますが、特にSub-GHz とBluetooth® SMARTに関しては、市場の変化も著しく、新規開発を精力的に行っています。

Sub-GHzの分野は、電力スマートメータの本格配備が始まり、HEMS(Home Energy Management System)やHAN(Home Area Network)に関する動きも具体的になってきたことから、それらに向けたLSIの開発に取り組んでいます。

Bluetooth® SMARTに関しては、予定通り市場参入を果たし、現在はモジュールを含めた次世代の商品開発を進めています。

-モジュール開発にも手が及んでいる?

奥秋:通信機能とマイコン、そしてセンサを組み合わせるモジュール開発の話ですね。

Sub-GHzとBluetooth® SMARTでは少しアプローチが違うのですが、すでに商品化しています。後ほど詳しく説明したいと思います。

IoT、ワイヤレスセンサネットワーク市場に注目
スマートメータとウェアラブル機器がラピスのブレークスルーに

-それでは、2015年度が始まったことを踏まえて、どのような取り組みをしているのか伺いたい。

奥秋:今回は、市場の動きが特に活発なSub-GHzと Bluetooth® SMARTに絞って、それぞれの取り組みをお話させていただきます。

今、ラピスセミコンダクタ(以下ラピス)は、ワイヤレスセンサネットワーク市場に注目しています。M2MやIoTと呼ばれている市場です。関連機関などの調査発表からは、センサの利用は現在の100億個から10年後には1兆個、なんと100倍になることが予想されています。

市場が活性化するには、何か新しいブレークスルーが必要です。IoT市場には、多種多様な新しいアプリケーションが生まれることが予想されますが、その中でも2つの分野がラピスにとってのブレークスルーになると考えています。1つ目は、スマートメータを基点とするスマートグリッド、HEMSを始め宅内の家電などがネットワーク接続するHAN、そしてMAN(Metropolitan Area Network)の中でも今後広がると言われている構造物ヘルスモニタ、一次産業IT、自然災害監視などの分野です。2つ目はウェアラブル機器で、生体情報や行動データによる様々な応用が期待されている分野です。

-それぞれにどんなアプローチをするのか?

奥秋:これら2つの分野は、ともにラピスが手掛けている近距離無線を利用します。1つ目のスマートメータ関連やMANには、10m ~ 1kmオーダーの距離をカバーできるSub-GHzの無線デバイスが、2つ目のウェアラブル機器には10m以下の至近距離に適したBluetooth® SMARTで対応します。これらの無線通信市場には、ラピスのコア技術が大きな強みになると考えています。

ラピスのLSI開発のコア技術には、低消費電力化技術、高周波回路技術、デジ・アナ混載技術、メモリ設計技術の4つがあります。どれも関連するのですが、高い無線性能が認められている高周波回路技術と、Bluetooth® SMARTの新規参入を可能にした低消費電力化技術が鍵になります。それに加えて、簡単に通信機能を実装できるモジュールを提供するために、モジュール技術も重要になります。

これらの特長ある技術を利用して、無線通信機能とマイコンをワンチップ化したLSIや、それをコアにしてアンテナなど搭載した通信モジュールを開発しています。商品開発は、「ソリューション提供」が重要なテーマになっています。通信機能だけのLSIを提供するだけではなく、お客様が必要とする通信を簡単に機器に実装できることを目指した商品、つまり、ソリューション商品に注力していきます。

画面サイズ切り替え