当ウェブサイトは Internet Explorer9.0以上、Google Chrome33.0以上のブラウザで最適に表示されます。

これらウェブブラウザのバージョンが古い場合、ご覧になれないコンテンツや崩れて表示されることがございますので、
最新のブラウザにアップグレードすることをお奨めいたします。

Windows XP環境のお客様はGoogle Chromeのご利用を推奨いたします。

ダウンロードは
こちらから

 

LSI事業戦略 2015


 

Part.6 後編 電池監視LSI 開発プロジェクトリーダー 大家 充也

豊富な車載用LSI開発の実績とノウハウを反映、高い安全性と品質・信頼性を提供し新市場にも挑戦

-リチウムイオン電池は発熱や発煙といった問題が報じられることがあるが。

大家:確かに、充放電制御や使い方が不適切な場合、問題が発生することは事実だと思います。
しかし、基本的には正しい方法による正確な制御、十分な保護対策を行うことで、リチウムイオン二次電池の有効性を安全に利用できると考えています。

ラピスは、長きにわたり車載用LSI開発に取り組み、厳しい要求事項を理解し、設計、製造、テストに展開し、車載ビジネスを継続してきた実績があります。車載ビジネスで培ったノウハウは、すべての商品の安全性と品質・信頼性に反映されており、電池監視LSIにおいても同様です。

-具体的には?

大家:スペックに現れるものと、そうでないものがあります。先ほどの特長の説明でも申しましたが、セル電圧検出精度は電池の能力を最大限に引き出すだけではなく、精度の高い制御によって電池へのダメージを最小限にして寿命を延ばし、問題の発生防止に寄与するものです。

また、過電圧過電流保護といった各種保護機能も非常に重要です。スペックに現れないものでは、誤動作の要因となるノイズ耐性があります。一般にLSI回路の低消費電力化を進めると、ノイズに弱くなる傾向があります。

ラピスは、産業機器という厳しい環境条件下でも、このトレードオフ的な問題を最小限にする技術とノウハウをもっています。これが、誤動作をしないといった定量的ではないですが、お客様の大きな安心と信頼につながっていると確信しています。

こういったことを含めて、ラピスは、課せられる条件が厳しい産業用途を中心に、リチウムイオン二次電池の安全性向上のため、これからも電池監視LSIの商品開発と技術開発に注力して参ります。

-最後に今後の展開について伺う。

大家:先ほどお話ししたように、産業機器をターゲットに拡販し、新商品も投入していきます。また、蓄電システムにはすでに実績がありますが、市場およびアプリケーションとしては、まだまだ発展途上だと思います。こういった新しい市場やアプリケーションに迅速に対応し、新市場でのリーダーシップを取るべく挑戦をしていくつもりです。

取材後記
リチウムイオン二次電池バッテリスタック用のセルバランサ、充放電制御ICは、筆者にも少々なじみのある分野である。ラピスの電池監視LSIの説明をいただいて、各社のアプローチが微妙に異なるところが興味深いのと同時に、多セルの制御にはまだまだ発展の余地があると感じた。
アプリケーションにおいても、蓄電システムなどは明らかに発展途上である。こういった分野に布陣を敷き、安全性向上のために電池監視LSIを開発してくというラピスの方針は、今後のリチウムイオン二次電池の利用において非常に重要だと考える。

(聞き手:高橋 和渡 fプロジェクト・コンサルティング)

関連商品のご紹介

画面サイズ切り替え