当ウェブサイトは Internet Explorer9.0以上、Google Chrome33.0以上のブラウザで最適に表示されます。

これらウェブブラウザのバージョンが古い場合、ご覧になれないコンテンツや崩れて表示されることがございますので、
最新のブラウザにアップグレードすることをお奨めいたします。

Windows XP環境のお客様はGoogle Chromeのご利用を推奨いたします。

ダウンロードは
こちらから

ホーム

 >  企業情報 > 2015年のニュースリリース > Lazurite Pi Gateway


 

Raspberry Pi向け 920MHz帯無線ゲートウェイ用モジュール 「Lazurite Pi Gateway」


IoTに最適な920MHz帯無線ゲートウェイ用モジュールの販売を開始

~ 汎用マイコンボードRaspberry Piに接続してIoT用ゲートウェイを実現 ~

「Lazurite」は、ラピスセミコンダクタが提供する、誰でも簡単に電子工作やIoTのプロトタイプが作れる、マイコンボード・周辺モジュール・開発環境などを含めたリファレンスデザインシリーズです。


要 旨

ラピスセミコンダクタは、IoTに最適な無線ゲートウェイ用モジュール「Lazurite (ラズライト) Pi (パイ) Gateway (ゲートウェイ)」を開発し、販売を開始しました。

Lazurite Pi Gatewayは、電子工作の分野で全世界に広く活用されている Raspberry Pi(注1) に接続可能な920MHz帯無線通信用の無線モジュールです。コネクタ基板とローム製のモジュール「 BP3596A  」で構成されており、Raspberry Pi に接続することで、省電力と通信距離に優れる920MHz帯無線通信とインターネット回線のゲートウェイを簡単に作製することが可能です。

なお、Lazurite Pi Gatewayは アールエスコンポーネンツ、チップワンストップ コアスタッフ  の3社にて販売中です。Lazurite Pi Gateway で無線通信を実施するためのドライバソフトウェア、アプリケーションソフトは当社専用サイトからダウンロード  して使用することができます。

今後もラピスセミコンダクタは、用途が拡大するIoT市場向けに、誰でも手軽に無線通信環境の構築が可能となる無線通信LSIと無線通信モジュールを開発してまいります。

【用語解説】

  • 注1:Raspberry Pi
  • ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータ、イギリスのラズベリーパイ財団によって開発。

背 景

一般的に、さまざまな場所に存在する環境情報やインフラ情報を取得するシステム (以下、「環境 / インフラ向けIoTシステム」)は、

  • 各所にあるセンサーで情報を取得し、それぞれがセンサーの情報を発信する「センサーノード」
  • センサーノードから発信された情報を集めてインターネットでサーバーに送る「ゲートウェイ」で構成されます。

電池で駆動し、各所に設置されるセンサーノードには省電力かつ長距離通信が有効です。既にラピスセミコンダクタでは、省電力と通信距離に優れた無線通信を行うことができ、センサーノードに最適なLazurite Sub-GHzを用意しています。

今回、Lazurite Sub-GHzとゲートウェイをつなぐためのモジュールとしてLazurite Pi Gatewayを開発しました。このLazurite Pi GatewayをRaspberry Piに接続してゲートウェイを作製し、販売中で好評をいただいているLazurite Sub-GHzをセンサーノードに設定することで、環境/インフラ向けIoTシステムを簡単に実現することができます。

 
1個から購入可能!

新商品の特長

1. Raspberry Piを用いて簡単にゲートウェイを実現

  • Lazurite Pi Gatewayは、Raspberry Piに接続して920MHz帯無線通信を行うための無線モジュールです。Raspberry Piに接続することができるWi-Fi、3G / LTE、Etherを使用して、920MHzで受信したセンサーノードのデータを簡単にインターネット回線に乗せてサーバーへ送ることができます。

2. RubyやPythonで簡単にアプリケーション設計


  • Lazurite Pi Gatewayのソフトウエアは、ドライバとアプリケーションの2つで構成されています。アプリケーション側はプログラミング言語RubyとPythonで書かれたサンプルソフトの2種類が公開されているため、データの加工やサーバーへのデータ保存など用途に合ったプログラムを簡単に変更 / 追加することができます。

3. RTCと二次電池を搭載しているためオフラインでも使用可能

  • Lazurite Pi GatewayにはRTC(リアルタイムクロック)と二次電池を搭載しているため、オフラインでも正確な時刻で動作することができます。

4. 回路、ソフトともオープンソースで提供


  • Lazurite Pi Gatewayの回路図、基板レイアウトはホームページ上で公開しています。
  • ドライバソフトは、GNU一般公衆利用許諾契約書(GPL)のGPL v2またはそれ以降に準じてリリースされていますので、無償で使用、複製、頒布することができます。GPLライセンスの正式な条件については、 こちら を参照してください。
  • RubyやPythonのゲートウェイアプリケーションソフトは、BSDライセンスにて配布しています。
  • Lazurite 特設サイト

インターネット販売情報

  • 販売開始時期 : 2015年7月から
  • 販売ネット商社 : アールエスコンポーネンツ、チップワンストップ、コアスタッフ

販売中のLazuriteシリーズラインアップ

カテゴリ マイコンボード シールドボード
製品名

Lazurite Basic

Lazurite Sub-GHz

Lazurite Pi Gateway

対応マイコンボード (Arduino互換) (Arduino互換) Raspberry Pi
マイコン - Yes Yes -
開発環境 Lazurite IDE -
無線通信 特定小電力無線 - Yes Yes
Bluetooth SMART - - -
周辺 RTC - - Yes
モータードライバ - - -
加速度センサ - - -
気圧センサ - - -
地磁気センサ - - -
照度センサ - - -
用途 電子工作メーカーズ IoTのセンサーノード Lazurite Sub-GHzのデータを収集し、
クラウドサーバーに送信するために使用

お問い合わせ

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
   お問い合わせのページ

※各リリースの記載内容は発表日現在のものです。   その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

※本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。

画面サイズ切り替え