ホーム > 企業情報 > 2011年のニュースリリース > プログラム開発ツール「Dr.U8ICE」

 

オリジナル8ビットローパワーマイクロコントローラ
プログラム開発ツール「Dr.U8ICE」

2011年9月21日

OKIセミコンダクタがローパワーマイクロコントローラ向けフル機能エミュレータを一新

リアルタイムモニタ機能を強化しつつ、小型化を実現

ロームグループのOKIセミコンダクタは、オリジナル8ビットローパワーマイクロコントローラに搭載のCPUコア "U8 Core"に対応したプログラム開発ツール「Dr.U8ICE」を開発いたしました。「Dr.U8ICE」は、"U8 Core"チップを搭載したフル機能エミュレータ(注1)で、従来品に比べ大きさ1/4とコンパクトながら、リアルタイムRAMモニタ機能やリアルタイムLCDモニタ機能などの機能の充実を図っています。 OKIセミコンダクタ製IDEU8統合化開発環境と組み合わせることで、"U8 Core"を搭載したマイクロコントローラのプログラム開発に最適な環境を構築することができます。本商品はML610Q439対応品を7月より提供開始しており、今後「ML610400/ML610300シリーズ」に順次対応していきます。

近年、プログラム開発ツールはプログラムメモリとしてフラッシュROMを搭載しプログラムデバッグ機能が内蔵されたマイクロコントローラを利用するオンチップデバッグエミュレータが主流となっていますが、オンチップデバッグエミュレータが使用できないMaskROM搭載品や実デバイスが存在しないカスタム製品の開発初期段階においてはマイクロコントローラと同じ動作をするフル機能エミュレータを使用しプログラム開発を行うことになります。 一方、フル機能エミュレータはオンチップデバッグエミュレータには無い、さまざまなプログラムデバッグ機能を備えているためデバッグ効率を上げられる反面、導入コストは増大します。

OKIセミコンダクタではこうした状況に着目し、小型で安価なフル機能エミュレータ「Dr.U8ICE」を開発いたしました。「Dr.U8ICE」は、"U8 Core"チップとアナログチップを新規に開発し搭載しており、タイマ、UART等のデジタル回路を実装するFPGA(注2)と組み合わせることで、既存のOKIセミコンダクタ製フル機能エミュレータに比べ大きさ1/4と小型化しました。また、従来機能に加え、トレース開始トリガの条件設定やプログラムの実行を停止させることなく全RAM領域のデータ変化を確認できるリアルタイムRAMモニタ機能を追加し、プログラム開発の効率を高めています。さらに、LCDの端子状態をリアルタイムでモニタし、PC上にイメージしたLCDパネルを表示させるリアルタイムLCDモニタを搭載、LCDパネル未入手段階からターゲットシステムを用いたLCD制御プログラム評価およびシステム検証を可能としました。

 OKIセミコンダクタは今後もマイクロコントローラのプログラム開発環境の充実を図り、お客様のプログラム開発をサポートしてまいります。

Dr.U8ICE

特長

マイクロコントローラと同等のアナログ特性
・A/Dコンバータやバッテリレベル検出回路などのアナログ回路を1チップに集約した アナログチップを搭載することでマイクロコントローラと同等のアナログ回路特性を 実現しています。

充実したデバッグ機能
・リアルタイムに確認できるRAMモニタ/ウォッチ機能やLCDモニタ機能を搭載
・256kステップ格納可能なスタート条件付きトレース機能
・多様なブレーク条件
・プログラム実行状態でのUSBケーブル挿抜が可能(エージング機能)

共通ユーザインターフェース
・DrU8ICEの制御にはOKIセミコンダクタ製の既存エミュレータおよびシミュレータ (注3)と共通のDTU8 デバッガを利用します。DTU8デバッガの操作性の高いグラフィ カルユーザインターフェースによりプログラムデバッグを効率的に行うことができ、 既存エミュレータおよびシミュレータからの移行も容易です

Dr.U8ICEの主な仕様

  • ●エミュレーション機能
    1. リアルタイムエミュレーション
    2. ステップエミュレーション
  • ●ブレーク機能
    1. ブレークポイント:制限なし
    2. アドレスパスカウント:1ポイント(パスカウント設定)
    3. RAMデータマッチ:2ポイント(アドレス/データマスク、アクセス条件、パスカウント設定)
    4. 領域外アクセス:プログラム/データ
    5. 外部同期:2入力
  • ●リアルタイムモニタ機能
    1. RAMモニタ:全データRAM領域
    2. ウォッチ:8ポイント
    3. LCDモニタ
  • ●トレース機能
    1. 262,144ステップ
    2. 内容:PC、命令、RAMアドレス/データ、PSW、 割り込みサイクル,外部プローブ
    3. 条件:フリーラン,トリガスタート(データマッチ/PCマッチ、パスカウント),フルストップ
  • ●動作電圧
    1. 1.65 ~ 5.5V (ユーザケーブルからの供給電源レベルで動作)
  • ●システム仕様
    1. メモリ容量:・プログラムメモリ 256K word([32K×16bit]×8)   ・データメモリ 512K Byte([64K×8bit]×8)
    2. 電源:+5V、2A
    3. 大きさ:160(W)×100(D)×38(H) [mm]

用語解説/注釈

注1:フル機能エミュレータ
マイクロコントローラを模擬する装置で、プログラムを実行、停止する機能やプログラム 実行の履歴を記録するトレース機能等を持ち、ソフトウェアとハードウェアのデバッグを 行うことができる
注2: FPGA (Field Programmable Gate Array)
書き換え可能なロジックデバイス
注3:シミュレータ
PC上でマイクロコントローラの命令を実行するソフトウェア。
※ 本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
   お問い合わせのページ

※各リリースの記載内容は発表日現在のものです。   その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

※本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。