マイコン豆知識では,マイコンを使ってみたいという初心者,技術者向けにマイコンがなぜ使われるか?などの基礎から,I/OやCPUなどのマイコンの構成要素をわかりやすく解説しています。さらにそれ以外の周辺回路についても解説していきます。

マイコンとは

マイコンってなーに?

知識豆くん「ねぇヨースケ先生。この間、ネットで電化製品を検索してたら、マイコンっていう言葉があったんだけどね、あのマイコンってなーに?」

マイコンとは

ヨースケ先生「マイコンとは、最近のほとんどの冷蔵庫や洗濯機など電気機器に組み込まれた,その電気機器を制御するための電子部品です。簡単に言えば電気機器を制御するための小さなコンピュータです。マイクロコントローラやMCU(Micro Controller Unit)、マイクロコンピュータとも呼ばれています。

マイコンは、電気機器の押しボタンなど外部からの信号を受け取る入力部・情報を処理する処理部・ヒーターやモーターなど外部に信号を出力する出力部から構成されます。マイコンの動作は、たとえば図のように、押しボタンやセンサ入力を受けて、内部で処理をし、ヒーターの制御信号やモーターの制御信号を出力します。

そして、処理自体をソフトウェアによって柔軟に変更できるという特徴も持っています。

ここで、ソフトウェアとはプログラムのことです。これは追々説明しますね。」

次は

知識豆くん「ふーん。電気機器を制御する部品なんだね。ねぇ、どういうところで使われているの?」


ヨースケ先生「じゃあ次はマイコンがどこで使われているかを見てみましょう。」

知識豆くん「はーい」