RAMとは?

RAMってなに?

知識豆くん「ヨースケ先生、RAMってなんなの?」

RAMとは

ヨースケ先生「RAM(Random Access Memory)は、読み出しと書き込みが可能なメモリで、
データが一時的に格納されるためデータメモリとも呼ばれます。
電気ケトルでは,湯沸し温度の設定や電気ケトル内にある温度センサーの測定結果,
ヒーターなどの現在の状態が保持されます。
実のところ,以前説明した転送命令MOV,記憶命令STのような単純な処理のみの場合,
RAMは必要ありません。しかし,マイコンを使って実際の電気機器を作る場合には,
複雑な処理が必要なためRAMは必要不可欠です。」

次は
知識豆くん「RAMにはデータが一時的に格納されるんだ」
ヨースケ先生「はい。そうですね。では,次はRAMの処理を具体的に見ていきましょう」

 

知識豆くん「はーい」