マイコンの構成は?

マイコンの中身はどうなってるの?

知識豆くん「ヨースケ先生,マイコンの中身はどうなってるの?」

マイコンの構成は?

ヨースケ先生「マイコンは,図のようにI/O,CPU,ROM,RAM,周辺回路の部品で構成されています。
これら部品の組み合わせにより,
“何らかの入力を受け,ある決められた処理をし,何らかの信号を出力をする”
というマイコンの動作を実現しています。ここで,それぞれの部品の役割を説明すると,
I/O:何らかの入力を受けて,何らかの信号を出力をする部分。
CPU:ある決められた処理をする部分。
ROM:処理の内容を決めるソフトウェアが格納される部分。
RAM:処理結果など,一時的なデータが格納される部分。
周辺回路:マイコンの機能を豊富にする回路群。
となっています。」

電気ケトルを例にしてみてみよう

さて次回から,『ボタン入力を受けてヒーターを加熱し,水を温める』電気ケトルを例にし,マイコン内部がどのような動きをしているか見ていきましょう。

次は

知識豆くん「マイコンは,I/O,CPU,ROM,RAM,周辺回路でできているんだ。」


ヨースケ先生「はい。その通りです。次回はまずはI/Oについてみてみましょう。」

知識豆くん「はーい」